2018スーパージャパンカップダンス

本多龍士先生・戎野紗与先生、2018スーパージャパンカップダンスにおいて、
全日本セグエ選手権にて初出場で見事第6位との素晴らしい成績を収められました。
本当におめでとうございます!

セグエ選手権で使用する大切なドレスを任された時、
とても光栄だと思いながら不安でいっぱいでした。
嶺岸先生が本多・戎野組のため、
シンデレラをテーマにして素晴らしい振り付けを作り上げたとうかがった時、
素敵であると思ったと同時にこれはとても難しいなと感じました。
時間がない、でも失敗は許されない。
先生達のご期待にお答えしたいという気持ちの一心で
試行錯誤を繰り返しながらドレスを仕上げました。
嶺岸先生のお褒めの言葉を頂いた時のうれしさが今でも忘れられません。

先生達の本番まで私はとても緊張しており、舞台裏まで付き添っていました。
シンデレラが私の手を握って、「精一杯踊ってきます!」とおっしゃってくれて、
王子様はその時の様子を一枚の写真に残してくださいました。

観客席に戻り、ドキドキしながら待っていると、本番の音楽が鳴り始めました。
シンデレラが舞台に現れ、「素敵〜」と後ろから一般のお客様の声が聞こえ、
思わず涙が溢れてきてしまいました。
ドレスが上手く切り替わった瞬間、涙が止まりませんでした。
バレエ的な要素がとても良く見え、
先生達の素晴らしい踊りのおかげでドレスもより一層輝いており感動しました。


選手控室へ走り、檜山公美子先生に記念写真を撮っていただきました。

沢山苦労しましたが、先生達の日々の練習の成果を出すことのお手伝いが出来、
とても光栄だと思っています。とてもやりがいのあるお仕事でした。
今回のドレス作りによって、私も沢山の事を学ばせていただきました。
社交ダンスは沢山の方々に夢を与えてくれている素晴らしいスポーツです。
これからもよりよいドレスを作れるように頑張っていきたいと思います。